新型出生前診断についての情報がいっぱい!

新型出生前診断の費用を他の検査と比較

新型出生前診断の費用を他の検査と比較 妊娠の発覚はうれしいことですが、胎児が健康であるかどうかはとても気になるところです。
それゆえ、出生前診断を受ける人も増えていますが、実際にはどれぐらいの費用が発生するのかも気になるところです。
まず、非確定検査である母体マーカーテストは母体の血液から胎児の染色体異常を調べることになりますが、こちらは2~3万円程度です。
さらに、超音波検査は1~2万円とされています。
新型出生前診断と呼ばれるNIPTは、母体の血液から胎児のDNAを調べ染色体異常を調べることなりますが、この検査は20万円前後とされています。
お腹に針を刺して羊水や絨毛を採取して検査をする羊水検査や絨毛検査は、10~15万円前後で行われているとのことです。
費用の比較では、新型出生前診断は高いというイメージがありますが、確定検査のようにお腹に針を刺す必要がないので、検査による死産や流産のリスクはありません。
医療機関によっても値段は変わってきますので、複数のクリニックで比較してみましょう。

安い費用で新型出生前診断を受けられる医療機関とは

安い費用で新型出生前診断を受けられる医療機関とは 現在国内の産婦人科で実施されている新型出生前診断は、2010年に厚生労働省が承認した検査です。
この検査を受けられる医療機関は2020年4月現在、計2,600か所あります。
このうち厚生労働省が認可を与えてるのが計720か所です。
認可と無認可の2つの施設が存在するのですが、この違いは健康保険が適応されるのか・されないかの違いのみです。
健康保険が適応される医療機関は病床を構えており、分娩・新生児室を完備している産婦人科を有しているところというのが特徴です。
新型出生前診断を安い費用で受けるには健康保険が適応される認可を得ている医療機関であり、ここなら3割負担のもの医療費で検査を受けることができます。
具体的な料金は約6万円で、無認可施設で請求される20万~25万円の3割のみです。
なお、無認可であっても民間の保険会社が用意している医療保険の中に先進医療特約があれば、新型出生前診断を安い費用で受けられます。

新着情報

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>早めにわかる新型出生前診断のメリットを考える
>新型出生前診断にはどんなデメリットがあるのか
>新型出生前診断にはどんなトラブルがあるの
>新型出生前診断を行うことの問題点について
>新型出生前診断はなぜこんなにも普及したのか

◎2021/1/28

バイアスピリンを服用
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

費用は控除対象になるのか
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

新型出生前診断の支払い方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「診断 検査」
に関連するツイート
Twitter

【2022年】レディー・ガガ、コロナ検査陽性中の公演強行で炎上 レディー・ガガは23日、特別番組のインタビューで、コロナ検査で陽性を診断されたが、予定されていた公演を5回強行したと明かした。SNSでは「とても自慢できる行為ではない」など批判の声が上がった。

教えて下さい 行政のサービスも申請中で受けられず 病名の確定診断も出てないので助成も受けられなく 自力で歩くことが出来ない人って サービス受けられるようになるまで どうやって通院してるんだろう? お金が湯水のようにあればタクシーで通うけど 専門的な検査なので出せない金額の交通費になる

6/ 医療機関で検査を受けても「異常有りません」「検査結果は正常です」と言われ腑に落ちないようです。「何となく」なので「異常無し」の診断に「そんなものか~」と丸め込まれている感が有りますわ。ちなみにですが、ワクチンとの因果関係を聞かれても私は言いません。もう面倒は嫌ですからね。

返信先:完全に医者ガチャ失敗してるからね~・・・ 今の時点で主治医の診断だと「詐病」だそうな💦 他の病気の薬でマイナスに出るって 検査技師も他の科のDrも言ってるのに 経験が浅いから教科書通りの診断しかしない😭

3/ 私見ですが積極的に打つような医療行為をしている医療機関で検査を受ける事に対し「打つ行為が利害関係の一致する存在に都合の悪い見解を求めてどうする?」と言う見方をしてましたわ。自分がやった行為を否定するような診断はしたくないでしょうからね。