新型出生前診断の支払い方法

新型出生前診断の支払い方法

新型出生前診断の支払い方法 新型出生前診断(NIPT)では、染色体の種類を絞った最小限の検査でも10万円前後の費用がかかります。
この費用は、他のさまざまな検査と同じように現金一括で支払いをするのが原則ですが、医療機関によっては高額の料金を設定していることを考慮して分割払いも選択できるようになっている場合があります。
もし、分割払いが選択できるのであれば、安心して新型出生前診断を受けることができるでしょう。
新型出生前診断を実施している医療機関が設けている分割払いの方法は主に、クレジットカードとメディカルローンの2種類です。
前者は既に所有しているクレジットカードがあり、信販会社からの承認がえられれば選択することができますが、選択可能な分割回数はあまり多くないので注意が必要になります。
これに対して後者はより細かくかつ多く分割回数を決められますが、医療機関が提携している信販会社の審査を通らないとローンを組むことができません。総支払額についても、メディカルローンの方が多くなることが多いので注意が必要です。

新型出生前診断の費用は保険適用外のためクリニックによって異なる

新型出生前診断の費用は保険適用外のためクリニックによって異なる 新型出生前診断は定期的に行う妊婦健診とは異なり、保険適用されないため自費治療となります。そのため新型出生前診断を行うクリニックで設定されている料金は、それぞれ違いますのでばらつきが出る事も想定されます。
相場を調べてから問い合わせをして比較する事で、適正な費用かを調べることも出来ます。
新型出生前診断では、ダウン症候群、エドワーズ症候群、パトー症候群という3つの疾患について調べられます。従来の検査よりも感度が高くなっているため精度が高いのがポイントです。採血のみで検査が出来るため、流産や死産のリスクもなく安全性の高い検査であるといえます。
医療機関によって異なりますが、15万円から21万円という額に設定されていることが多いです。陽性または判定保留が続いた場合には確定的検査を受けることが必要となりますが、その時の分の費用も含まれています。
安さだけで選ぶのではなく、口コミや評判なども調べて検査を受ける事をお勧めします。

新着情報

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>早めにわかる新型出生前診断のメリットを考える
>新型出生前診断にはどんなデメリットがあるのか
>新型出生前診断にはどんなトラブルがあるの
>新型出生前診断を行うことの問題点について
>新型出生前診断はなぜこんなにも普及したのか

◎2021/1/28

バイアスピリンを服用
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

費用は控除対象になるのか
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

新型出生前診断の支払い方法
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「診断 支払い」
に関連するツイート
Twitter

職場トイレより ここに来ると吐き気に苦しむ頻度が上がった また適応障害て診断されて辞める日はそう遠くない気がしる( ˃ ⌑ ˂ഃ ) 夙夜君烏兎君の支払い完了するまでがんばれ自分

鼻水と耳が詰まった感出たから久しぶりに耳鼻科来たものの現金のみ支払いで足りないから下ろしに行くといく激恥ずイベント発生した😂 なお診断は副鼻腔炎

先週、私が行った病院は、 問診はスマホで、支払いもスマホ、さらにレントゲン写真もAirDropでスマホに送ってくれ、電子化がすごかった😁 ちなみに ストレートネックと四十肩と診断されました😅 改善していきます。 まずはYoutubeで勉強📚

診断》物価高の今こそ改めて確認したい 金銭感覚チェック27選 15個以上当てはまる人は世間的には倹約家かお金持ちの可能性がありますが、見方を変えれば大変なドケチです….。 (1)ATM手数料支払いは論外 (2)格安スマホを利用してる (3)電気の消し忘れは許せない (4)定期的に家計簿をつけている…

返信先:ゆきこさん、ご丁寧にありがとうございます。 向こうは、公正証書=脅し という認識らしく、作成を渋っているのです… そして、まだちゃんとは話していませんが 養育費に関しても、払うことを渋っているように思います。相手がうつ病と診断された場合は、養育費支払いなしなどになるのでしょうか…?